悩み別解消法

自宅で真皮ケアができる!美顔器の種類とそれぞれの効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

化粧品でケアできるのは表皮の上層部である「角層(角質層)まで」と決まっていますが、たるみやほうれい線など、顔の印象を決める大きな悩みは真皮で起こっています。

 

そんな真皮の悩みを外側からケアできるのが美顔器です。

エステのようなケアを自宅で再現できる、人気の美顔器について徹底的にご紹介します!

 

真皮のケアに有効な美顔器の種類

真皮のコラーゲン産生が肌老化のカギ!生み出す力の育て方!でもお話ししましたが、表皮はとても高いバリア能力を持っていて、大抵の物理的な異物は真皮にたどり着く前に排除されてしまいます。

 

自宅でできる真皮まで到達するケアは、美顔器と食事だけ。

そんな美肌の強い味方、美顔器の種類と働きについて、詳しくお話しします!

 

超音波美顔器」

人間の耳には聞こえない音によって1秒間に100万回以上もの振動を発する超音波。

その振動は、音と同様に人間の肌にはほとんど体感できないものの、肌に含まれる水分を介して体の深部にまで影響を与えます。

 

自宅で使用される超音波美顔器の振動は、およそ1~8MHz(メガヘルツ)という周波数のものです。

数字が小さいほど肌の奥にまで届き、8MHz帯の超音波美顔器では肌表面にしか効果がありません。

 

1MHzは、筋肉に働きかけてリフトアップしたり、皮下組織中の脂肪細胞に振動を与えてシェイプアップしたりという目的に使われることが多く、美顔器というよりはダイエット危機に搭載されることが多い周波数です。

ちょうど真皮に届く周波数は5MHzあたりの周波数です。

8MHzは化粧品が角質層に浸透するのを助け、角質層の汚れなどを優しく取り除く効果があります。

 

LED美顔器

酸素カプセルや日焼けマシンのように、体ごと入るマシンが流行中のコラーゲンマシン。

ピンク色の光によってコラーゲンを生み出す繊維芽細胞が活性化され、真皮のターンオーバーを促します。

 

このコラーゲンマシンの光は、実は赤色LEDです。

LEDには、その色ごとに特殊な効果を持っています。

 

主なものは赤色、黄色、青色、緑色、白色。

人間の目に見える光は、360~400nm(ナノメートル)の紫色から760~830nmの赤色までの電磁波で、数値が大きいほど体の奥にまで届きます。

 

黄色LEDは表皮細胞の修復に効果があり、青色にはニキビや皮脂分泌過剰を抑え、殺菌効果もあります。

緑色にはシミや色素沈着を予防する効果があり、野菜などに照射することによってビタミンCやポリフェノールなどの抗酸化作用を高める働きがあります。

 

最も真皮のケアに適しているのは、830nmという長い波長を持つ白色LEDで、繊維芽細胞の活性化によってコラーゲンの産生を助け、さらにその下の皮下組織である筋肉に働きかけ、肌をリフトアップする効果があります。

 

家庭用でも、超音波美顔器にLED機能が搭載されていることがあるので、自分の肌悩みに合った色を選ぶことで、真皮のケアと同時に、他の肌悩みもケアすることができます。

 

電流(マイクロカレント・ラジオ波・EMS)美顔器

微弱な電流によって筋肉に働きかける美顔器で、周波数によって呼び名が違います。

1800Hzの比較的強い高周波のものをラジオ波、1~1000Hzの低周波のものをEMSと呼んでいます。

マイクロカレントは、人肌にほとんど感じないほどの微弱電流で、低周波の1000分の1以下の周波数しかありません。

 

高周波には、酸化や断裂でたるんだコラーゲンを電流によって収縮させ、網目状になっているコラーゲンネットの弾力を取り戻させる効果があります。

 

また、人間には38.5度以上の熱を10分以上受け続けると、タンパク質が増えるという、ヒートショックプロテインという現象が起こります。

外側から肌を温めると、タンパク質が増えても、肌表面の皮脂や脂質が深刻なダメージを受けて角質層を傷つけてしまいますが、ラジオ波は肌の内部だけを温めることができます。

 

これによっても真皮のタンパク質であるコラーゲンを回復できると考えられます。

 

低周波には、筋肉に働きかけて、肌を内側からリフトアップさせる効果、血流を促進して繊維芽細胞を活性させる効果があります。

また、低周波は筋肉に働きかけるため、脂肪の燃焼を目的として使用されることもあります。

 

マイクロカレントは、使用感としては超音波に近く、ほとんど肌には何も感じません。

この非常に弱い電流は、人間の体に元々流れている電流に近いもので、中でも細胞の自然治癒を促す電流に似ています。

マイクロカレントの電流は細胞の修復や分裂を促し、ターンオーバーを早める効果があります。

 

たるみや毛穴の広がりが気になる肌に一番合っているのは、電流を使用した美顔器の中でもラジオ波と呼ばれる高周波のものでしょう。

 

自宅でのケアが難しい真皮も、美顔器があれば簡単にケアできてしまいます。

値段も3~5万円程度で手に入れることができるので、じっくり悩んで、ぜひお気に入りの美顔器を見つけてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人気の記事